就労義務の作成を義務付けられていない場合は、作らなくてもいいか?

条件にあてはまる会社は、就労規則の作成が義務付けられていますが、中には義務付けられていなくても、就労規則を作成する会社もあります。
就業規則作成には費用もかかりますし、法改正のたびに対応しないといけないなど、情報の収集も必要になってきます。
それでも作成するということは、何かしらのメリットがあるからです。

就労規則を作成することによるメリットは、労使問題等のトラブルを未然に防ぐことができることが挙げられます。
会社の規則を明文化し説明をしていれば、無用なトラブルを避けることができるのです。

それだけでなく、就業規則をきちんと作成してあるということは、会社のイメージアップにもつながりますし、働く側にとっては安心材料の1つになります。
規則がちゃんとある会社とない会社、どちらか迷ったら、規則がある会社のほうが選ばれやすいでしょう。

いいスタッフや社員を採用するためにも、会社のイメージアップをしたり、働きやすい環境を作ることは大切です。

就労規則作成の義務はないから…と目を背けず、作ることによるメリットも考えて、作成を検討しましょう。