就労義務の作成を義務付けられていない場合は、作らなくてもいいか?

条件にあてはまる会社は、就労規則の作成が義務付けられていますが、中には義務付けられていなくても、就労規則を作成する会社もあります。
就業規則作成には費用もかかりますし、法改正のたびに対応しないといけないなど、情報の収集も必要になってきます。
それでも作成するということは、何かしらのメリットがあるからです。

就労規則を作成することによるメリットは、労使問題等のトラブルを未然に防ぐことができることが挙げられます。
会社の規則を明文化し説明をしていれば、無用なトラブルを避けることができるのです。

それだけでなく、就業規則をきちんと作成してあるということは、会社のイメージアップにもつながりますし、働く側にとっては安心材料の1つになります。
規則がちゃんとある会社とない会社、どちらか迷ったら、規則がある会社のほうが選ばれやすいでしょう。

いいスタッフや社員を採用するためにも、会社のイメージアップをしたり、働きやすい環境を作ることは大切です。

就労規則作成の義務はないから…と目を背けず、作ることによるメリットも考えて、作成を検討しましょう。


神奈川のお葬式事情

神奈川のお葬式事情

東京のお隣である神奈川のお葬式にもちょっと事情があるようです。

まず都市部と郊外で違った風習があるようで川崎や横浜に代表される都市部とその他郊外では同じ神奈川でもお葬式の事情が変わります。

都市部は東京と同じく斎場が少なく、一週間待ちになる事も多く、横浜ではこれも東京と同じ火葬場が民間企業の運営です。

通夜振舞い」と呼ばれる料理が一般の参列者にも提供される事も類似しているが、地方にはこの風習はなく神奈川を含む関東圏ならではのお葬式事情でしょう。

この料理は一口だけでも手をつける事が故人への供養とされます。

東京も多くの市町村があるが、神奈川も広く区が25、市町村が36あり郊外では東京のようなお葬式の風習はあまり行われていません。

神奈川には海もあるのでテレビや映画のように海に散骨などというお葬式のスタイルもあるのではないかと思ったが、あれらはフィクションであり実際には著名な有名人であっても斎場で営まれるのが一般的のようです。


練馬区、狭いを広く、リノベーション

練馬区、狭いを広く、リノベーション
練馬区にたつ、築年数15年の集合住宅が、今回のリノベーションの舞台。
「水周りをとにかく明るくして欲しい。」
奥さんのたっての願いです。

水周りというと思い浮かぶのが、キッチンと洗面台。
練馬のご自宅をリノベーションするのを機に、これらも見直して欲しいということでした。
ご主人や奥さまと綿密な打ち合わせを重ねながら、水周りに関しても、さまざまな提案をさせてもらいました。

古い戸棚を壊して、木のぬくもりが感じられる小物置き場を設置。
湿気を調整してくれる珪藻土の壁を全体的に塗りました。
洗面台にはレトロな印象の水色のタイルを。

練馬の純和風のご自宅が、西洋のアパートメント風にリノベーションされていきます。
リビング脇についていた小さな和室も壊して、広々とした空間に生まれ変わりました。
壁を取り払うことで、ぐんと狭かった室内にもゆとりが生まれてきます。

自然素材を使うことで、無機質だったマンションが、いきいきと生まれ変わりました。」


スカイプ英会話での講師との相性

スカイプ英会話での講師との相性

無料のインターネット通話サービス「スカイプ」。
基本的にスカイプ同士ならば何時間でも無料で通話することが出来るので、既にプライベートで友達と利用していると言う方も多いのではないでしょうか。

このスカイプを利用して英会話を学習するオンライン学習法が「スカイプ英会話」。
最近注目を集めている学習法になります。

しかしこの「スカイプ英会話」、向き不向きもある上に、受講する段階でどの程度のレベルの英語が出来るかによって効果のほども変わってくるので、万人に向いていると言うわけではありません。

また、講師の質や相性も重要になります。

「スカイプ英会話」の講師の中には、盛り上げるのが上手で拙い英語にもしっかり反応してくれる人も居れば、受講者が話すまで殆ど自分からは喋らないと言う人も居ます。
初心者であればある程度会話を促してくれる講師が良いと言うのが本音でしょうが、そんな講師に必ず当たると言うわけでもないので注意しましょう。